法律事務所のデモサイトをLigtningで作ってみました

弘前青南法律事務所のイメージ画像

ワードプレスにライトニング(Ligtning)というテーマを入れてのデモサイト3つ目として、法律事務所のデモサイトを作ってみました。

弘前市のJR弘前駅から徒歩3分のビルに弘前青南法律事務所という架空の法律事務所があると想定して作ってみました。

今回も、有料版の「Lightning G3 Pro Pack」で作っています。

https://d-elephant.com/demo_3rd/

3つ目のデモサイトということで、段々とブロックを使ってのウェブ制作にもなじんできました。
(とはいえ、まだ戸惑いはあるのですが…^^;)

僕はCocoonで作ったときは旧エディタを使って作ったので、Cocoonでのブロックを使ってのウェブ制作については分からないのですが、Ligtningでブロツクエディタでウェブを制作していくのは、家の建築で言えば、ツバイフォーとかのパネルを組み合わせて作っていくのに似ているのではないかと感じています。

ベースは予め企画された住宅で、ある範囲内で、パーツの組み合わせとかを変更しての、部屋や水回りの位置を変えたり、各部屋の広さを大きくしたり小さくしたりできる、みたいな。

なので、Lightningで使えるパーツというかブロックやパターンについて、どのようなものが用意されているとかを把握して、ウェブ制作時には、適時、ここにはどのブロックやパターンを持ってくればいいのかを判断して、組み合わせて作っていく、ということができないといけないのかなと感じているところです。

ということで、あといつくかデモサイトを作りながら、Lightningのブロックやパターンを把握していきたいと思っています。